ハイリスクローリターン、歯医者はセレブなのか?

授業料は高いが給料はサラリーマン並み

歯科医は医者や教師と同じ様に尊敬の念を持って先生と呼ばれることが多く、地域によっては名士としての役割を担っています。しかし今やコンビニの数より多いと言われる歯科医院、競争が激しくなると患者へのサービスは良くなるかわりに淘汰される歯科医院が増えています。歯学部を卒業するまでには私立文系大学の4倍(3000万円程)の費用が必要、歯医者の月給は常勤で約30万円から50万円なため、元を取るためにも歯科医院を開業するのは必然なことです。

歯科医院を開業するまでには7500万円が必要

歯科医院を開業するには、運転資金も含めると4500万円程が必要、サラリーマン並みの歯科医でもマイホームを建てる覚悟があれば無謀な金額ではありません。学費に3000万円が出せる裕福な親を持つ歯科医であれば親からの借入で開業することも可能ですが、歯科医院の数がコンビニより多い現状により融資を躊躇う金融機関は増えており独立開業できない歯科医もいます。そのため、近年では暖簾分けで歯科医院を開業する歯科医もおり、チェーン系の歯科医院が増えています。

コンビニと同じ流れの歯科業界

チェーン系の歯科医院は福利厚生が整っているため、従業員数が少なくてもシッカリ休みを取れる、研修等を通じて新しい技術を習得することが容易などの強みがあります。コンビニを新しく建てて開業する際には2000万円以上が必要、大金をつぎ込んでもコンビニ経営は本部からの厳しい指導やスタッフ確保に苦慮するあまり閉店が相次いでいます。一方、歯科業界は歯科医になる人に制限を設ける動きがあり、地方には今も歯科医院が一軒もないことも珍しくはないため、今後はかつてのコンビニと同じ様に都市部から地方へシフトする歯科医が増えてきます。

荻窪での歯科探しは、治療品質や対応面などに定評のあるクリニックを選ぶことがポイントで、初めてでも安心して受診できます。